教員の皆様へ

TOP > 教員の皆様へ > FD・SDの取り組み

FD・SDの取り組み

従来から連携4大学はそれぞれ独自にFD・SD活動に取り組んで参りましたが、コンソーシアム・福岡では各大学で個別に実施されるFD・SD活動への相互参加に加えて、4大学合同での新たな取組みにもチャレンジして参ります。 具体的には以下の取組みを柱とします。

(1)授業改善に関する取組

■教員及び学生が参加しての授業見学会の実施

各年度の前期と後期に1回ずつコンソーシアム・プログラムとして開講されている科目の中から1科目を選定し、教員及び学生による授業見学会を実施します。授業見学会にはコンソーシアム・プログラムを担当している各大学の教員への参加を働きかけ、4大学合同で行うものとします。
授業見学会の具体的な内容としては、90分の授業時間の内70分を公開授業とし、残りの20分で参加した教員と受講生による意見交換を行い、今後の授業改善につなげてもらうことを目的としています。通常各期の最終週での実施を予定しています。

西南学院大学で開講された単位互換科目において、西南学院大学と福岡工業大学の学生が遠隔講義システムを用いたプレゼンテーションを行う授業を4大学の教職員で見学しました。授業終了後、学生を含む全員で、授業内容や授業の進め方等に関する意見交換を行います。

■授業検討会の実施

コンソーシアムプログラム担当の教員が一同に集まり、各期の講義の総括を行います。検討会では講義の反省点に加え、今後のコンソーシアムプログラムにおける講義時間帯の調整(コアタイムの設定)や講義科目のネーミング等についての検討も行います。また、検討会終了後の懇談会では各校教職員の懇親を深めつつ、今後のコンソーシアム・福岡のあり方について広く意見交換する場となっています。

西南学院大学で開催される授業検討会では、DVDで授業見学会のレヴューを行ったうえで、単位互換授業の改善課題や新たな取組についての審議を行います。

ページ先頭へ

(2)コンソーシアム・福岡の育成すべき具体的人材像に関する検討

コンソーシアムプログラムでは「高度環境人材」の育成を主目的に掲げていますが、具体的な人材像や修士課程修了までに身につけるべき能力等の策定について、平成24年度に4大学の教職員で構成される「コンソーシアムプログラム高度化検討委員会」を立ち上げ検討を重ねています。検討結果についてはコンソーシアム推進会議、コンソーシアム戦略会議での審議を経て、今後のコンソーシアムプログラムに反映してまいります。

ページ先頭へ

(3)「Q-conference」への参加

コンソーシアム・福岡を構成する4大学ではコンソーシアム枠での取組とは別に、各大学で個別にFD・SDに関連した研究会を実施しています。
その中で、他大学の教職員にも参加が開放されたものについては、本コンソーシアム内で広報を行い、相互参加しています。
特に、Q-LINKS(九州地域大学教育改善FD・SDネットワーク)には4大学が共に賛同校として参加していることもあり、Q-LINKS枠で共同開催されるFD・SD関係のイベント「Q-conference」に参加して情報発信を行っています。またイベント参加者からはコンソーシアム・福岡で実施している単位互換授業や合同ゼミナールに対し、次の改善に繋がるような貴重なアドバイスやコメントをいただいています。

平成25年度のポスターセッションで「4大学合同ゼミナール」の取組み内容を来場者に説明しているスタッフの様子です(写真左、中)。
平成24年度はコンソーシアム・福岡の活動全般について紹介しました(写真右)。

ページ先頭へ

コンソーシアム・福岡

〒811-0295
福岡県福岡市東区和白東3-30-1
(福岡工業大学 大学・地域連携推進室)
TEL: 092-606-7430
FAX: 092-606-7445
E-mail: collabo@fit.ac.jp

  • 福岡工業大学
  • 九州大学
  • 福岡女子大学
  • 西南学院大学
ページ先頭へ