コンソーシアム・福岡とは

TOP > コンソーシアム・福岡とは > 概要

概要

コンソーシアム・福岡について

2008年(平成20年)8月、福岡工業大学(代表校)、九州大学、福岡女子大学、西南学院大学の4大学が、大学院修士レベルで、環境・エネルギー問題をテーマとしたコンソーシアムを形成する取り組みが、文部科学省の大学教育改革支援の一つである「平成20年度戦略的大学連携支援事業」に採択されました。(※21年度からは「大学教育充実のための戦略的大学連携支援プログラム」に名称変更。) 


この採択により、2008年(平成20年)9月19日、4大学は「国公私立大コンソーシアム・福岡」の結成に関する協定を締結致しました。環境・エネルギー問題への関心が高まっているなかで、大学に求められるのは、問題解決に向けた研究成果の発表や政策提言、高度な知識を備えた人材の育成・輩出といった学術的な貢献です。コンソーシアム・福岡は、そうした社会的要請に加え、地元行政部門(九州経済産業局、福岡県、福岡市)並びに地元有力企業(九州電力、西部ガス等)の個別的な指導・助言を得て推進するもので、福岡市臨海部に位置する国公私立4大学がこれまでに蓄積してきた自然科学的知見及び人文・社会科学的知見を意識的に統合するとともに、アジアや地域(行政、産業界、地域住民等)との結びつきをさらに強めることによって、環境・エネルギー問題の解決への知的かつ具体的な貢献を果たすことを目的としています。さらに、各大学の教育研究資源を有効活用することにより、地域における「知の拠点」として、教育研究水準の一層の高度化をめざしてまいります。

ページ先頭へ

運営体制【平成20年度~平成25年度】

ページ先頭へ

コンソーシアム・福岡

〒811-0295
福岡県福岡市東区和白東3-30-1
(福岡工業大学 大学・地域連携推進室)
TEL: 092-606-7430
FAX: 092-606-7445
E-mail: collabo@fit.ac.jp

  • 福岡工業大学
  • 九州大学
  • 福岡女子大学
  • 西南学院大学
ページ先頭へ